難治性腰痛・しびれ外来

「難治性腰痛・しびれ外来」の3つの特徴

難治性腰痛治療

「腰痛で整形外科に通っているがなかなか治らない」そのような従来の治療では治療し得なかった腰痛に対し上記の三つを特徴として難治性腰痛・しびれ外来を開設しています。原因のわからない腰痛に少しでも原因がわかるよう、できることは最大限尽くしたいと思っております。

(当院では先日読売新聞やNHKなどでも紹介された殿皮神経障害に関し治療を行っています。加えて新しい腰痛の原因として広まってきている仙腸関節障害に関しても積極的に治療に取り組んでいます。繋ぎ目のない病診連携をめざして・・当院副院長が勤務する横浜市立脳卒中神経脊椎センターと連携し、重症腰痛に関しては入院にて精査・加療も行っています。是非ご相談ください)

難治性腰痛外来は火曜午後・難治性腰痛・しびれ外来を受診希望の方は受付でその旨お伝えください。

fleximg

仙腸関節障害

その腰痛「仙腸関節障害」かもしれません。
医学の進歩は日進月歩。腰痛の原因についても研究は進められていますが、実は腰痛を訴える患者さんの約85%が「非特異性腰痛」という、診察、X線検査、MRI検査などでも原因がはっきりわからない原因不明の痛みに分類されています。”原因不明”例の多くに仙腸関節とその周辺靭帯が関与していることが非常に多くあります。一般的に若年者は「椎間板ヘルニア」、高齢者は「腰部脊柱管狭窄症」として治療されている例が多いですが、もし通常の治療で十分な治療効果が感じられない場合はこの疾患を疑ってみる必要があるかもしれません。当院では仙腸関節障害の治療も積極的に行っています。

fleximg

殿皮神経障害

 

その腰痛「殿皮神経障害」かもしれません(日本腰痛学会優秀演題賞受賞)。
当院副院長は85%ともいわれる原因のわからない腰痛「非特異性腰痛」のなかでも腰椎より末梢に位置し、腸骨、仙腸関節周囲に存在する、上殿皮神経、中殿皮神経に注目し、東京医科大学人体構造学教室で実際に数多くのご遺体の解剖を行い、末梢神経絞扼障害の可能性について研究を進めています。

  • 2014年日本腰痛学会にて当院副院長の研究発表が優秀演題賞に選ばています。また2014年、2015年と世界トップレベルの国際学会であるISSLS(International Society for the Study of the Lumbar Spine)にて研究発表を行いました。
  • 2015年サンフランシスコにて行われたISSLSではspecial posterに選ばれ発表を行いました。今後さらに治らない腰痛を治すために、研究を続けてまいります。当該疾患に関し当院副院長は当院と横浜市立脳卒中神経脊椎センターにて難治性腰痛治療のため「殿皮神経外来」という専門外来を開設しております。

腰痛に関しいろいろ通院したけれども治らないという方がいらっしゃれば是非一度当外来を受診してください。最近では読売新聞、NHK(Eテレ)にて私どもが注目し研究を続けている殿皮神経障害について取り上げていただきました。

お問合せはこちらからどうぞ